慢性的な体のだるさ・疲労感・倦怠感は便秘が原因かもしれません。便秘を解消してQuality Of Life(生活の質)を向上させましょう。

便秘による口臭・体臭などの悪臭

人間は生き物なので当然ながら何らかの臭いを発します。

 

ところが便秘になるとその臭いも酷くなります。

 

便秘と「臭い」との関係にはどのようなものがあるでしょうか。

 

オナラが臭い

 

便秘の人のオナラは本当に臭いです。

 

腸内環境が悪いのですから当り前ですね。

 

便秘の人の腸内にはインドールやスカトールといった老廃物が溜まっており、それがオナラとなって外部に漏れてしまうのです。

 

便秘を解消するとオナラの臭いもそれほど気にならなくなります。

 

ウンチが臭い

 

便秘の人のウンチはとても臭いです。

 

オナラの場合と同じでその原因は腸内に溜まったインドールやスカトールといった老廃物です。

 

便秘を解消するとウンチの臭いもあまりしなくなります。

 

体臭・口臭

 

体の中の消化器官は、口から肛門まですべて繋がっているので、大腸に不要なウンチが沢山あって、有毒なガスを貯め込んでいる場合は必然的に口から吐く息も臭くなります。

 

口臭の原因は口内の問題だと思われがちですが、腸などの内臓の調子が悪いことも原因の一つです。

 

また、酷い便秘の人は非常に臭い体臭を放っていることがあります。

 

腸の毒素は「アセトン臭」という体臭の元になっています。

 

自律神経の乱れなどが原因で腸のぜんどう運動が正常に行われていない場合、食べた物が腸内に長く留まってしまうので、それが腐敗して毒素を発生させます。

 

それを喜ぶのは腸内の悪玉菌で、日和見(ひよりみ)菌も悪玉菌の加勢を始めて腸内環境は一気に悪化します。

 

そういう腐敗臭が体臭や口臭となって臭いだすわけです。

 

腸内環境の悪化が原因の体臭や口臭は便秘を解消することによって治ります。

 

 

⇒私が便秘による臭いのトラブルを簡単に解消した具体的な方法はこちらです。