慢性的な体のだるさ・疲労感・倦怠感は便秘が原因かもしれません。便秘を解消してQuality Of Life(生活の質)を向上させましょう。

運動をして便秘を解消する

なぜ運動が便秘に良いかというと、運動をして新陳代謝を良くすることが腸の動きを良くすることにつながるからです。

 

また当然ながら、運動はダイエット効果があります。

 

便秘解消以外の面からも軽い運動はおすすめできます。

 

でも、だるさや疲労感・倦怠感が強いと、とてもではないですが運動をする気にはなりませんよね。

 

しかしそうは言っても、運動は健康な生活を営む上では欠かせないことは事実です。

 

軽い運動は健康の源です。

 

なので、少しでも体調の良い日は以下に紹介する運動をしてみましょう。

 

最初は毎日できなくても、少しずつでも運動を習慣化できていければ良いのです。

 

時間をかけてゆっくりやって行きましょう。

 

ウォーキングをする

 

便秘の原因の一つに排便に必要な腹筋や背筋が衰えることが挙げられますが、ウォーキングをすることによって腹筋や背筋が鍛えられ、排便しやすい体になります。

 

また、ウォーキングは自律神経のバランスを整えます。

 

ウォーキングはうつ病にも効くと言われており、メンタル面の改善にも非常に良い効果をもたらします。

 

なお、歩く時間ですが、20分から30分程度を毎日歩けるようになるのが目標です。

 

姿勢を良くし、少し速めの速度で軽快に歩いてみましょう。

 

歩くことは健康の基本ですし、道具も何も必要なくすぐに始められることなので、是非次の体調の良い日からでも取り組んでみましょう。

 

水泳をする

 

水泳もウォーキングと並んで便秘に効く運動です。

 

そしてまた、ダイエットや筋肉を鍛えるのにも最適な運動です。

 

あなたの住んでいる家の近くにも自治体が運営するプールはありませんか?

 

あるとしたら、利用しない手はないです。

 

利用料金も安く抑えられているので、週に1〜2度通うにはあまり負担にならないと思います

 

もしプールがあるか分からない場合は、自治体のホームページを見て確認してみましょう。

 

水泳というと文字通り水の中を泳ぐことですが、泳げなくても大丈夫です。

 

水中ウォーキングでも十分に効果はあります。

 

どこのプールでも泳げる人用のレーンと歩く人用のレーンが分かれているので、歩くだけでも利用できます。

 

水の中を歩くのは地上よりも負荷が掛かるので、運動効果が高いですし、何よりもとても気持ちが良いですよ。

 

階段を使う

 

エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うというのも手軽な運動です。

 

ほんの些細なことですが、階段を昇るだけでも立派な運動になり足腰の筋肉を鍛えることもできます。

 

以上の運動は、疲れているときはやりたくないですが、むしろ疲れているときにやるとだるさや疲労感が取れるという場合があります。

 

しかしまずは、無理をしないでできるときにできることからやってみましょう。

 

 

⇒私が長年の頑固な便秘を解消した具体的な方法はこちらです。